伊勢神宮の内宮 2014年5月の行事

今回の伊勢神宮 へ アクセス!!は
ゴールデンウイークに体験したい5月行事をご紹介します。

◆子供の日の神楽

 ■時間と場所  5月5日
         午前8時30分 外宮神楽殿
         午前10時 内宮神楽殿

 子供の日にあたり、健やかな成長と将来の幸福を祈る御神楽を奉奏し、
 和紙で作った鯉のぼりを授与します。

◆サツキと盆栽の奉納展示

 ■日時と場所  5月下旬〜6月上旬 
         内宮神苑

  国華会員によって、内宮神苑の仮設屋形の花壇に献花されます。

また、神宮の周辺のおかげ横丁でも

◆おかげ横丁 端午の節句

 ■日時と場所  4月26日(土)〜5月5日(月・祝) 
         おかげ横丁一帯

  本格的な鎧と兜に身を包んでの記念撮影や、
  レトロな計器での身体測定、
  張子の絵付け教室などの催しが行われます。

◆おかげ横丁 風の市

  ■日時と場所  5月中旬頃(風日祈祭に合わせて) 
          おかげ横丁一帯

  神宮の風日祈祭に合わせて、全国各地から集めた風鈴の展示販売や、
  風のおもちゃ作り教室などを開催します。
  風鈴の心地良い音色がおかげ横丁内に響き渡ります。

五月のおかげ横丁は

昔ながらの瓦屋根の軒下に
沢山のツバメが巣を作って子育ての真っ最中です。
観光客の頭の上を恐がりもせず、
昆虫を求めてツバメ達が飛交います。
とても平和で穏やかな気分になります。
飲んだり食べたりも楽しいのですが
神宮の恵み、自然の恵みを全身で感じて
その日、そこに来られた事に感謝して
優しい気持ちで休日を楽しんでくださいね。


伊勢の旅を楽しんで来てね〜〜

©伊勢神宮へアクセス!!

 応援クリックして下さると励みになります。

にほんブログ村 旅行ブログ 旅行ガイド・プランへ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 名所・ランドマークへ
にほんブログ村
タグ:5月 内宮
posted by 兜乃宮 at 11:25 | TrackBack(0) | 伊勢神宮 春の行事(3.4.5)

伊勢神宮 ゴールデンウィークの内宮周辺交通規制について

今回の伊勢神宮アクセス

ゴールデンウィーク期間中の伊勢神宮周辺の交通規制についてです。

混雑が予想される為、一部道路では交通規制が実施されます。
また乗用車におきましては、
5月3日〜5月5日までパーク&バスライドが実施されます
のでお車でお越しの際には是非ご利用下さい。


〜パーク&バスライドについて〜


パーク&バスライドは、三重県営サンアリーナ駐車場(有料)へ車を停め、
無料のシャトルバスで内宮へお出かけいただけます。
内宮周辺駐車場は混雑が予想されますので、
下記期間中内宮へお出かけ予定の方は是非ご利用下さい!

■実 施 日■ 平成25年5月3日(金)〜5月6日(月)


■交通■ 伊勢二見鳥羽ライン<サンアリーナIC>

       すぐ【三重県営サンアリーナ駐車場】


■料金■サンアリーナ駐車整理料(1,000円)

        /シャトルバス運賃(無料)


■シャトルバス■サンアリーナ→内宮

           (10:00〜16:00まで)

          /内宮→サンアリーナ
             (18:30発最終)


■問合せ■ 伊勢市交通政策課 0596-21-5703

 伊勢市交通政策課HP

http://www.city.ise.mie.jp/6760.htm



■携帯からチェック出来るHP■

一般携帯 http://www.city.ise.mie.jp/m/

code1.jpg

スマートフォン対応 http://www.city.ise.mie.jp/

codesmartphone.jpg

©伊勢神宮へアクセス!!

にほんブログ村 旅行ブログ 旅行ガイド・プランへ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 名所・ランドマークへ
にほんブログ村
posted by 兜乃宮 at 00:00 | TrackBack(0) | 伊勢神宮 春の行事(3.4.5)

伊勢神宮 夫婦岩の大縄、張り替え神事について

今回の伊勢神宮アクセス

あの初日の出で有名な二見ヶ浦の夫婦岩のしめなわを張り替える神事が行われます!
正式には 夫婦岩大注連縄張神事(めおといわ おおめなわはりしんじ)と言うそうです。

この神事では威勢のよい木遣り唄が流れる中、
お祓いを受けたしめなわを地元の氏子と参拝に訪れた方々に
よって夫婦岩へと張り渡されます。

■開 催 日■ 5月5日(土)

■時 間■ 10:00〜

■場 所■ 二見興玉神社

■交 通■ JR二見浦駅から徒歩15分

■問 合 せ■ 二見興玉神社 0596-43-2020


◆ちょっとマメ知識◆
この大注連縄(おおめなわ)と夫婦岩は
二見興玉神社(ふたみおきたまじんじゃ)の祭神(さいじん)である
つまり二見興玉神社にまつられている猿田彦大神(さるたひこのおおかみ)に
縁(ゆかり)のあるの興玉神石(おきたましんせき)と
日の神を遥拝(ようはい→遠く離れた所から神仏などをはるかにおがむこと)する
鳥居に見立てられています。

なんじゃ?そりゃ?って感じですが
興玉神石(おきたましんせき)と言うご神体が、あの夫婦岩の先の海の中に
沈んでいらっしゃるそうです。
なんでも、1854(安政元)年12月23・24日(旧暦11月3・4日)に発生した
安政の大地震「東海・南海地震」で海中の沈んでしまったとか・・・
やはり神様といえども地震には勝てないんですね。
数々の神事に込められた日本人の自然を守り、厄災を逃れる知恵を
改めて大事にしたいと思いますね。

二見興玉神社(ふたみおきたまじんじゃ)ホームページ
http://www.amigo2.ne.jp/~oki-tama/


©伊勢神宮へアクセス!!

にほんブログ村 旅行ブログ 旅行ガイド・プランへ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 名所・ランドマークへ
にほんブログ村
posted by 兜乃宮 at 07:09 | TrackBack(0) | 伊勢神宮 春の行事(3.4.5)

伊勢神宮の内宮で春を満喫!五十鈴川桜まつり

今回の伊勢神宮へアクセス!
一足早く春の情報を!

◆五十鈴川桜まつり

 ■開催時期 
  平成24年3月下旬〜4月中旬(桜の開花に合わせて開催します)
  午前10時から
 ■開催場所
  おかげ横丁周辺

 新緑の朝熊山を背景に五十鈴川を挟んで眺める桜並木の美しさ。
 その美しい桜を眺める事が出来た感謝の気持で
 伊勢神宮へぜひお参りを。
 天気の良い夜には桜のライトアップもあって
 夜でも桜が楽しめます。
 おかげ横丁でも、花見弁当や花見団子等、この時期だけの
 限定グルメが堪能できますよ。

 五十鈴川桜まつり
http://www.kankomie.or.jp/event/detail_31338.html

[伊勢神宮] ブログ村キーワード


にほんブログ村 旅行ブログ 旅行ガイド・プランへ

にほんブログ村 旅行ブログ 名所・ランドマークへ
タグ: 4月
posted by 兜乃宮 at 22:48 | TrackBack(0) | 伊勢神宮 春の行事(3.4.5)

伊勢神宮で春を満喫!五十鈴川桜まつり

今回の伊勢神宮へアクセス!
一足早く春の情報を!

◆五十鈴川桜まつり

 ■開催時期 
  平成22年3月下旬〜4月中旬(桜の開花に合わせて開催します)
  午前10時から
 ■開催場所
  おかげ横丁周辺

 新緑の朝熊山を背景に五十鈴川を挟んで眺める桜並木の美しさ。
 その美しい桜を眺める事が出来た感謝の気持で
 伊勢神宮へぜひお参りを。
 天気の良い夜には桜のライトアップもあって
 夜でも桜が楽しめます。
 おかげ横丁でも、花見弁当や花見団子等、この時期だけの
 限定グルメが堪能できますよ。

 五十鈴川桜まつり
 http://www.okageyokocho.co.jp/html/sakuramaturi.html


[伊勢神宮] ブログ村キーワード


にほんブログ村 旅行ブログ 旅行ガイド・プランへ

にほんブログ村 旅行ブログ 名所・ランドマークへ
posted by 兜乃宮 at 09:34 | TrackBack(0) | 伊勢神宮 春の行事(3.4.5)

伊勢神宮ゴールデンウィークは交通規制に注意!

今回の伊勢神宮へアクセス!

ゴールデンウイークは伊勢神宮周辺で

交通規制があります
のでそのお知らせです。

今年は得にETC休日特別割引が導入されて
伊勢神宮周辺ではお正月並みの混雑が予想されますので
毎年お正月に実施される交通規制とパーク&バスライドが
ゴールデンウイークでも実施されますので、
注意事項をご紹介します。

伊勢神宮観光で高速を降りる時に一番利用される

伊勢西ICと伊勢ICで下記の時間

降りる事出来なくなります。


1.伊勢西ICの交通規制
(1)出口規制
規制日時 2009年5月3日(日) 9時30分から15時30分まで
     2009年5月4日(月) 9時30分から15時30分まで
     2009年5月5日(火) 9時30分から15時30分まで

※バス(マイクロバスも含む)、二輪車以外の車両は
 降りることができません。
 伊勢二見鳥羽ラインの楠部IC以東から一般道に降りて下さい。

2.伊勢ICの交通規制
(1)出口規制
規制日時 2009年5月3日(日) 9時45分から17時30分まで
     2009年5月4日(月) 9時45分から17時30分まで
     2009年5月5日(火) 9時45分から17時30分まで

降りれない場合はどうすれば良いのか!


3.パーク&バスライドがお勧め!(伊勢地域観光交通対策協議会が実施)

伊勢二見鳥羽ラインのサンアリーナICにある県営サンアリーナ大駐車場から
伊勢神宮 内宮へ無料のシャトルバスを運行しています。

県営サンアリーナ大駐車場でマイカーからシャトルバスに乗り換えて
ご利用下さい。

※県営サンアリーナ大駐車場:無料 2,500台程度駐車可能

 シャトルバス利用料:無料


運行日時:2009年5月3日(土) 10時から16時まで
     2009年5月4日(日) 10時から16時まで
     2009年5月5日(月) 10時から16時まで
 
※内宮のみの運行となります。
 内宮発は3日間ともに10時30分から18時までの運行となります。

専用バスは伊勢市内でも優先レーンを通過しますので
自家用車に比べればとにかく早くて楽です。

伊勢神宮以外の伊勢志摩の観光地へ行くには迂回路があります。
それぞれの目的の施設に問い合わせて行かれる方が良いです。
いま、伊勢市HPでは詳しい情報も紹介しています。

伊勢市HP ゴールデンウィークの交通対策 PC版


伊勢市HP ゴールデンウィークの交通対策

携帯サイトのURL

http://www.city.ise.mie.jp/m/


交通情報に注意して楽しい旅行にして下さいね!!
皆様の安全をお祈りしております。

お薦めの観光スポットを紹介してくださいお薦めの観光スポットを募集中!
あなたが行きたい所、旅行に行く予定の所を紹介してください。あなたがお薦めのスポットは、どんなところですか?


[伊勢神宮] ブログ村キーワード

にほんブログ村 旅行ブログ 旅行ガイド・プランへ

にほんブログ村 旅行ブログ 名所・ランドマークへ
posted by 兜乃宮 at 20:52 | 伊勢神宮 春の行事(3.4.5)

伊勢神宮、春の神楽祭 公開舞楽のお知らせ

今回の伊勢神宮へアクセス!は
ゴールデンウイークの見逃せない行事について。

■ 春の神楽祭 公開舞楽のお知らせ

 ◇開催期間 4月28日〜30日 

  期間中毎日 午前11時、午後2時 2回


内宮神苑に設けられた特設舞台において、神宮楽師らによる
舞楽の一般公開が行われます。
今回の演目は 「振鉾(えんぶ)」、「萬歳楽(まんざいらく)」、
「胡蝶(こちょう)」、「長慶子(ちょうげいし)」 の4曲。

本物の舞楽の舞はなかなか観られませんので、
この期間に伊勢神宮にお出かけの方はぜひも逃さないように
がんばって下さいね。

■ 神宮茶室一般公開のお知らせ

 ◇開催期間 4月28日〜30日

 ◇期間中毎日 11:45〜15:00


春の神楽祭に合わせて、内宮宇治橋東詰にある
神宮茶室を庭上から一般公開いたします。

宇治橋を渡った左手、神苑北端の五十鈴川と神宮司庁に囲まれた
「紅葉苑」と呼ばれた地に建つ茶室で、松下幸之助が献納したもので、
1985年(昭和60年)4月に完成しました。
それほど古い建物ではないのですが、現在の名工が昔ながらの技術を
継承して作ったものです。

普段は観られない建物が他にも春の神楽祭に合わせて公開されます。
折角の連休ですから、こういう時にぜひ、
日本の伝統の建物に触れてみて下さいね。

にほんブログ村 旅行ブログ 旅行ガイド・プランへ

にほんブログ村 旅行ブログ 名所・ランドマークへ

お薦めの観光スポットを紹介してくださいお薦めの観光スポットを募集中!
あなたが行きたい所、旅行に行く予定の所を紹介してください。あなたがお薦めのスポットは、どんなところですか?
posted by 兜乃宮 at 12:21 | 伊勢神宮 春の行事(3.4.5)

伊勢神宮の桜 その2

今回の伊勢神宮へアクセス!

伊勢神宮、内宮のすぐそば五十鈴川の桜についてです。

おかげ横丁の通りとお店を挟んでほぼ平行に流れる五十鈴川は
大きな桜の気が多数並ぶ桜の名所です。
華やかな美しさで、お参りされる人々に微笑みかける桜。
期間中はお花見屋台や特別メニューのお花見弁当も販売されて
一層お花見をお楽しみ頂けます。

夜には河川敷に桜がライトアップされ、それはそれは
幽玄の世界の様な美しさです。
夜の早い伊勢神宮界隈にしては珍しく夜も楽しめるお花見期間です。

ライトアップ写真はこちら

■ 五十鈴川、桜まつり


 ■ 期間 3月末から4月、桜の散る頃まで

 ■ 夜間 ライトアップ 4月4日(金)〜4月6日(日)
      夕方 6時頃から

 ■ 期間中に着物姿でお花見に来られた方には
   何か特典があるそうです。
   お花見団子の屋台までどうぞお申し出ください。
 
 ■ 桜まつりHP




お薦めの観光スポットを紹介してくださいお薦めの観光スポットを募集中!
あなたが行きたい所、旅行に行く予定の所を紹介してください。あなたがお薦めのスポットは、どんなところですか?
posted by 兜乃宮 at 11:39 | 伊勢神宮 春の行事(3.4.5)

伊勢神宮の桜 その1

今回の伊勢神宮へアクセス!

伊勢神宮は内宮に入るための宇治橋を渡ると、
杉等の常緑樹が多い内宮の中でひときわ目を惹くのが
濃いピンクが鮮やかな避寒桜。
の中でも一番早く花を付ける桜として有名ですね。

内宮の中はさっきも書いた様に常緑樹が多く
色鮮やかに花の咲く木はそんなに多くは無いのですが、
その分、人の入らない区域にポツっと花の咲く木を見つけると
何だかそこだけ、光が差している様に見えます。

お参りをすませ、最後の休憩所の裏あたりには
しだれ桜や椿が静かに咲いています。
人も少なく、小さなベンチもあります。
飲み食いは出来ませんが、ちょっと一息、
伊勢神宮の空気感をもう一度味わうには
ちょうど良い場所だと思いますよ。

にほんブログ村 旅行ブログ 旅行ガイド・プランへ

にほんブログ村 旅行ブログ 名所・ランドマークへ

お薦めの観光スポットを紹介してくださいお薦めの観光スポットを募集中!
あなたが行きたい所、旅行に行く予定の所を紹介してください。あなたがお薦めのスポットは、どんなところですか?
タグ: 内宮
posted by 兜乃宮 at 06:41 | 伊勢神宮 春の行事(3.4.5)

伊勢神宮の神馬(しんめ)を見よう

今回の伊勢神宮へアクセス!

近鉄電車のスーパーパスポート“まわりゃんせ”のCMに登場する
伊勢神宮の神馬(しんめ)についてです。

伊勢神宮の神馬(しんめ)は全部で4頭
内宮に御仕えしているのは橋澤号と桜鈴号
外宮に御仕えしているのは丘昭(おかあき)号と桜澤号
4頭とも宮内庁御料牧場出身で皇室から牽進(けんしん)された
つまり、贈られたお馬さんと言うことですね。

で、CMにあるように

毎月、1日・11日・21日 外宮内宮とも午前8時頃

神職に伴われて、紫地に白く染め抜いた菊花紋章の馬衣と
真赤な手綱に身を包んで大御前に見参(けんざん)します。
その様子がこちら

雨天には中止となるのでご注意くださいね。

また歩く姿は無理でも、御厩〈みうまや〉にいるときもあるようで
私は過去に2度程、午後に御厩にいる神馬をみました。
流石に良くていれされていて、真っ白で神々しい感じがしましたね。

多くの神社には昔から儀式等に使うために
お馬さんが飼われていました。
馬を飼うには昔も今も専門の世話役と
馬の飼葉をまかなうための土地も必要です。
いかに熱心に信仰する人の多い神社でも、
そこまで裕福な神社は少なかったし
信者の方もそこまで丸々奉納出来る裕福な人も少なかった。
そこで、生きた馬の替わりに絵に描いた馬を奉納して
願をかけたりしたのが絵馬の始まりと言われています。

全国には大きな神社は幾つもありますが
生きた神馬を神社内で今でも飼っているのは
もしかしたら伊勢神宮だけかもしれません。
所有はしていても世話は神社以外の場所に預けていたり
逆に行事や祭りの時だけ、近くの乗馬施設から借りてきたりと
昔も今も馬を飼うとは難しい事なんですね。

にほんブログ村 旅行ブログ 名所・ランドマークへ

にほんブログ村 旅行ブログ 旅行ガイド・プランへ


お薦めの観光スポットを紹介してくださいお薦めの観光スポットを募集中!
あなたが行きたい所、旅行に行く予定の所を紹介してください。あなたがお薦めのスポットは、どんなところですか?
posted by 兜乃宮 at 16:18 | 伊勢神宮 春の行事(3.4.5)

伊勢神宮 奉納大相撲の開催です

今回の伊勢神宮へアクセス!

朝青龍の活躍で大いに盛り上がっている春場所を受けて
その勢いそのままに、伊勢神宮で催される
奉納大相撲についてお知らせします。

 ■第52回神宮奉納大相撲

 ■日時  3月30日(日)時 間:午前7時開場(雨天決行)

 ■場所  神宮相撲場(神宮会館内)
 
 ■入場料 入場料:大人 3500円(前売)3800円(当日)
      中高生1000円(前売・当日)
      小学生 500円(前売・当日)
      
      ただし崇敬会会員は会員章提示で、
      当日入場料より1000円引(大人のみ)

 ■入場券取扱所 神宮会館・伊勢市観光協会 他

 ■問合先 神宮会館(三重県伊勢市宇治中之切町)
 ■電話番号 (0596)22-0001 
 

朝青龍はもちろん、高見盛、琴欧洲と言った有名人気力士が
多数やってきます。
早朝ではありますが、神宮の澄んだ空気の中、
響き渡る迫力ある力士の声や、肉体がぶつかる音等、
生の迫力を堪能して下さい。

にほんブログ村 旅行ブログ 旅行ガイド・プランへ

にほんブログ村 旅行ブログ 名所・ランドマークへ

お薦めの観光スポットを紹介してくださいお薦めの観光スポットを募集中!
あなたが行きたい所、旅行に行く予定の所を紹介してください。あなたがお薦めのスポットは、どんなところですか?
タグ:相撲 奉納
posted by 兜乃宮 at 09:01 | 伊勢神宮 春の行事(3.4.5)

伊勢神宮でおひなさま?

今回の伊勢神宮へアクセス!
伊勢神宮のお参りのついでに一足早く早春のひなまつりの
華やかな雰囲気を楽しんで頂く企画をご紹介します。

伊勢神宮のお参りのお帰りに夫婦岩を観賞がてら
ぜひ行ってみませんか!!

■ 第四回おひなさまめぐり in 二見 ■

○ 期間
  2008年(平成20年)2月3日(日)〜2008年(平成20年)3月9日(日)

○ 場所
  三重県伊勢市二見浦一帯 (三重県伊勢市二見町)

○交通アクセス
  大阪→ 近鉄 伊勢市駅 → JRに乗り換え(徒歩2分)
  →JR伊勢市駅 → 二見浦駅

二見浦の旅館街を中心とした地域一帯の107ヵ所に
約5000体の雛人形の展示を行ないます!!
伝統的な段飾りはもちろん、土雛や竹炭による創作雛など
それぞれの店舗で個性的な雛人形を多数観ることができるイベントです。
期間中はスタンプラリーやおひなさま句会、
写真展など様々な催しが行なわれます。

詳しくは

おひなさまめぐり in 二見/華やぐ二見浦の早春賦

のHPをご覧下さい。

お薦めの観光スポットを紹介してくださいお薦めの観光スポットを募集中!
あなたが行きたい所、旅行に行く予定の所を紹介してください。あなたがお薦めのスポットは、どんなところですか?
posted by 兜乃宮 at 08:53 | 伊勢神宮 春の行事(3.4.5)

お子さんにはお伊勢さんでサーカス!

今回の伊勢神宮へアクセス!

お子さんも楽しめるイベントについておしらせします。
この秋2007年11月3日から2007年12月9日まで

ポップ・サーカス★三重公演★

が開催されます!

サーカスって観てみたいとは思っても、都合の良い時期に
近くに来てなかったりで、案外実物をきちんとみた記憶のある人
少ないんですよね。

この際お伊勢参りのついでにポップ・サーカスを観てみませんか!?
伊勢神宮で自然の神秘や、日本文化の奥深さに触れた後は
にぎやかサーカスで大きな声で歓声を上げるのも
なかなかバラエティーに飛んだ印象深い良い度だと思います。

ポップ・サーカスのHPはこちら
事前チケットの購入も可能です。

■会場:三重県営サンアリーナ特設大テント会場
■バスでは
 伊勢神宮 内宮前 から CANバス 青色系統 で
 「サンアリーナ」まで簡単に行けます。
■電車
 JR二見浦駅 近鉄五十鈴川駅 どちらからも
 CANバス 又は 三交バス で簡単にアクセスできます。


お薦めの観光スポットを紹介してくださいお薦めの観光スポットを募集中!
あなたが行きたい所、旅行に行く予定の所を紹介してください。あなたがお薦めのスポットは、どんなところですか?
posted by 兜乃宮 at 09:18 | 伊勢神宮 春の行事(3.4.5)

5月の行事はまだまだ続く

GWが終わっても伊勢神宮の行事はまだまだ続きます。
これから伊勢神宮へ行こうと思っている方も参考にして下さいね。

5月14日には伊勢神宮の内宮にて

◆神御衣祭(かんみそさい)【伊勢神宮内宮】概ね12:00〜頃から
皇大神宮(こうたいじんぐう/内宮のメインのご神体)と荒祭宮(あらまつりのみや)に和妙(にぎたえ/絹布)と荒妙(あらたえ/麻布)の二種の神御衣(夏物の衣)を奉る(奉納する)行事。

今年も良い布が織り上がった事を感謝する行事です。

和妙(にぎたえ/絹布)と荒妙(あらたえ/麻布)を乗せた木製の駕篭の様な入れ物を携えて、神職の方々が内宮内を移動されます。
普段がなかなか観られない神域ならではの行事です。

◆風日祈祭(かざひのみやさい)【伊勢神宮内宮】概ね9:00〜頃から
御幣(ごへい)、御蓑(おんみの)、御笠(おんかさ)を奉り、風雨の災害なく、五穀の豊かな稔りをお祈りします。

風日祈宮(かざひのみのみや)は祭神が農耕に影響の大きい風雨をもたらす神さまなので、一年の五穀豊穣をお祈りします。

尚、風日祈祭(かざひのみやさい)は外宮でも概ね5:00〜頃から行われます。

行事の絶えない伊勢神宮
いつ行っても神秘的な雰囲気が満載です。
posted by 兜乃宮 at 08:20 | 伊勢神宮 春の行事(3.4.5)

伊勢神宮 お木曳(おきひき)行事はじまります

伊勢神宮の本殿などは、式年遷宮(しきねんせんぐう)と言って20年ごとにまったく同じ形で建て直されます。
これは社殿の清浄さを保つためと、建築技術や伝統工芸の伝承のために
20年と言う絶妙の時間が設定してあるのです。

その立て替えのための御用材を両宮に曳き入れる盛大な行事をお木曳(おきひき)行事と言って、お木曳のあいだ伊勢は勇壮な掛け声と木遣唄に包まれます。
このお木曳(おきひき)行事は本来は神宮周辺に住む市民の方々、一般に言う氏子さん、伊勢神宮では「神領民」と呼ぶ様ですが、神聖な神事に参加できる機会とあって人気があるらしく、伊勢周辺の人々だけでなく、一般の旅行者も事前に申し込んで「一日神領民」として参加する事が出来るそうです。
ただし、今年の募集はもう締め切られており、式年遷宮(しきねんせんぐう)自体も20年に一度の事なので、次回は20年後の公募となるようです。
今回参加できなかった方は、20年後忘れずに参加申し込みをして下さいね(笑)

外宮の領民は巨大なお木曳車で「陸曳」も行うそうで、これもなかなかに勇壮な姿で見応えがありそうです。

このお木曳(おきひき)行事 開催日
平成19年5月4日(祝・金)〜6月3日(日)までの各金・土・日曜日(トータル15日間)に行われます。

コースと時間
(この時間は大体の目安で日によって異なります)

度会橋付近(どんでん場) 7:00〜14:00 → 伊勢神宮外付近 12:00〜17:00

また平日の金曜日は一日神領民参加のお木曳が行われるためコースが変わります。

度会橋への交通アクセス

●バス…近鉄宇治山田駅、JR・近鉄伊勢市駅から「玉城町役場」行き、
「松阪駅前」行きバスで約7分「度会橋(わたらいばし)」下車すぐ

●自動車…伊勢自動車道「伊勢西IC」から御木本道路(県道32号)を外宮方面へ県道鳥羽松阪線経由約15分

外宮への交通アクセス

●JR・近鉄伊勢市駅から徒歩約5分

詳しい内容、日時についてのお問い合わせは

御遷宮対策事務局 TEL・FAX 0596−25−5215

までお願いします。
posted by 兜乃宮 at 07:23 | 伊勢神宮 春の行事(3.4.5)

伊勢神宮、GWも行事満載パート2

引き続き伊勢神宮周辺のGWの行事のお知らせです。

おかげ横丁ではおかげ横丁のシンボルとも言うべき「神恩太鼓」を
GW中の期間限定でお子様に叩いて頂くイベントを開催します。

◆大太鼓を叩こう!
参加できるのは小学校低学年までのお子様で、
可愛い陣羽織と折り紙の大兜をかぶって大太鼓を叩く姿は
記念撮影にピッタリ!!
参加したお子様にはミニ鯉のぼりがプレゼントされます。

■会 期:5月3日(木)〜5月5日(土)
■場 所:太鼓櫓
■参加費:無料
■定 員:各回限定あり

この他
◆期間限定メニュー『お子様ランチ巡り」
観光地の食事となると観光地ならではの新鮮な魚介類等、
大人には大きな楽しみですが、案外お子さんにはちょっと
食べ辛い物も多いですね。
でも折角の旅行先で普段と同じ様なファミレスメニューではつまらない。
そこで今回おかげ横丁では地元の海・山・里の旬の食材をふんだんに使い、
見た目もお子様に親しんで頂ける「お子様ランチ」を
おかげ横丁内の幾つかのお店で期間限定で販売します。
伊勢ならではの食材をお子様共々お楽しみください。

■時 間:各飲食店営業開始時間〜なくなり次第終了
■場 所:すし久、海老丸、とうふや、はいからさん、団五郎茶屋 ほか

ゴールデンウイークも伊勢神宮は楽しさいっぱいですよ。
posted by 兜乃宮 at 07:40 | 伊勢神宮 春の行事(3.4.5)

伊勢神宮、GWも行事満載

伊勢神宮へアクセス!!今回はゴールデンウイークの伊勢神宮周辺のイベントについてです。

伊勢神宮門前町のおかげ横丁では大人も子供も楽しんで頂ける
数々のイベントを企画しています。

まず最初は
◆鎧武者に大変身!
実際に子供さんが着用できるサイズの鎧兜をご用意。
お子さんに着付して、まるで本物の武者人形の様な凛々しい姿で
ポラロイド写真を撮ってもらえます。
もちろん女の子だって撮影可!
ミニ義経やミニ巴御前(源平合戦に登場する女武者)になって
記念の一枚を撮りませんか!?
■時 間:10:00〜17:00(受付16:30まで)
■場 所:おかげ横丁特設会場
■着付料:500円(ポラロイド写真1枚付)

◆レトロ身体検査
「柱の傷は一昨年の・・・」の歌にちなみ
大正時代のレトロな台秤等を使ってお子さんの身長や体重を量ります
計測結果は1匁(もんめ)や一貫(いっかん)一尺(いっしゃく)等の旧単位でお知らせ。
お子さんにとってはその単位や古い計りの形が面白く楽しい体験になるでしょう。
大人も計測可です。
■時 間:10:00〜17:00
■場 所:おかげ横丁特設会場
■参加費:無料

◆鯉のぼりを作ろう
神に描かれたお子様サイズの鯉のぼりに、思い思いの色を自由に塗って自分だけのオリジナル鯉のぼりが作れます。
伊勢神宮お参りの良い記念品となるでしょう。
■時 間:10:00〜17:00(受付16:30まで)
■場 所:おかげ横丁特設会場
■参加費:材料費500円

◆横丁で遊ぼう
昔懐かしい射的や輪投げ等の遊戯屋台がおかげ横丁に登場!
子供も大人も参加できるので、お父さん!ここぞは一つ
良いとこ見せて上げましょう!
■時 間:10:00〜17:00
■場 所:おかげ横丁内「特設屋台」

他にも色んな催しがあります。
おかげ横丁のHP


伊勢神宮周辺で楽しんで、翌日は鳥羽の水族館でびっくりどっきり!!
お勧めのお子様大満足コース。
ゴールデンウイークも伊勢神宮は楽しさ満載です!!
posted by 兜乃宮 at 07:42 | 伊勢神宮 春の行事(3.4.5)

一度行ったらまた行きたい!おかげ横丁

伊勢神宮の旅行情報です。

伊勢神宮へのお参りの一番の楽しみは、伊勢神宮の門前町であるおかげ横丁の散策や、食事ではないでしょうか。

他にも有名な神社仏閣は日本中に多数ありますし、
その全てを観て回った訳ではないのですが、
伊勢神宮の門前町の一角にあるおかげ横丁そのものが
一種のテーマパークの様なにぎわいで、
江戸末期から明治初期風の建物を再現した町並みに、
多数のお土産物や食べ物屋さんが並び、その昔、日本中の人々が
「伊勢に行きたい伊勢路が見たい せめて一生に一度でも」と
伊勢へ押し寄せた頃にタイムスリップした様な錯覚を覚えます。

「せめて一生に一度でも」と書きましたが
実は伊勢神宮には一度行ったら、また訪れてみたくなる
不思議な魅力があります。
四季折々にお参りしてみたい内宮の佇まい(たたずまい)もさることながら、その魅力の一端はこのおかげ横丁にもあります。
美味しそうな数々の名産品、にぎやかに迎えてくれる神恩太鼓の音色
本家赤福の重厚な建物、こんにゃくや蒲鉾作りが体験できる工房、
江戸時代のお伊勢参りを再現した歴史館「おかげ座」等々。
今回は行けなかったけど、次は是非ここへ行ってあれを食べようとか
あれを観ようとか、盛りだくさんの観光ツールが揃っています。

一生に一度ではなく、何度も訪れたくなる伊勢神宮。
まさに日本一の神社です。

伊勢神宮の旅行情報でした。
posted by 兜乃宮 at 16:38 | 伊勢神宮 春の行事(3.4.5)

内宮こそ伊勢神宮!

伊勢神宮の旅行情報です。

通称「内宮」(ないくう)の正式名称は皇大神宮(こうたいじんぐう)と申します。
こちらこそが伊勢神宮の本社と言える所で、お祀りされている神様は、日本神話においては最高位に位置する天照坐皇大御神(あまてらしますすめおおみかみ)。
一般には天照大神(あまてらすおおみかみ)と呼ばれる神様です。
で、天照大神の象徴と言う形で、三種の神器の一つである八咫鏡(やたのかがみ)がご神体として、本社の奥深くに鎮座されています。

天照大神(あまてらすおおみかみ)には須佐之男命(すさのおのみこと)と言う弟の神様がいるのですが、この須佐之男命(すさのおのみこと)があまりに乱暴をするので腹を立てて、天の岩戸(あまのいわと)と言う岩の洞窟に隠れてしまします。
天照大神(あまてらすおおみかみ)はその名が示す通り、太陽を表す神様ですから、岩山に洞窟に隠れた途端に世界中が真っ暗になってしまいました。

困ったその他の神様が何とか天照大神を岩戸から出て来てもらう方法は無いかと知恵を絞って、天の岩戸(あまのいわと)の前で歌い踊る事を思いつきます。
岩戸(いわと)の前で天照大神の事等忘れたようにいかにも楽しそうに歌い踊る様子を感じた天照大神は、岩戸を細めに開けて、なぜそんなに楽しそうに歌い踊って居るのかを尋ねると、
「新しく尊い神様がおいでになったので、皆でお祝いしているのです。」と言うと、八咫鏡(やたのかがみ)を天照大神に向けました。
天照大神はそこに写った神様が自分とは気付かず、もっとよく観ようと更に岩戸(いわと)を開けた瞬間に、力自慢の神様が一気に岩戸(いわと)開いて、天照大神(あまてらすおおみかみ)に出て来て頂いたと言う神話が残ってします。

この神話をもとに、天照大神(あまてらすおおみかみ)を写した鏡こそ、天照大神の宿る鏡として八咫鏡(やたのかがみ)がご神体となりました。

女性の神様を表すご神体が鏡と言うのも分かりやすいお話ですね。

伊勢神宮の旅行情報でした。
posted by 兜乃宮 at 04:10 | 伊勢神宮 春の行事(3.4.5)

伊勢神宮 春の参拝

伊勢神宮へのお参りはどの季節に行ってもそれなりに趣きの有るものですが、私が好きなのはやっぱり春。

門前町であるおかげ横町やおはらい町は昔ながらの木造の商家を
復元した建物が多く、どこか懐かしい風景の中、お土産物屋さんや、
テイクアウトの食べ物屋さん、郵便局等が軒を連ねています。

春にはその木造の建物の軒の下にツバメ達が巣を作り、
温かな空気と澄んだ青空を背景におかげ横町を飛び回っています。
その姿が愛らしく、町の人々の愛情によって守られているんだなあ〜と
そんな感じをとても強く感じます。

おかげ横町を通り抜けると、左手に見えて来るのが宇治橋。
宇治橋は五十鈴川にかかる大きな橋で、神聖な世界へのかけ橋といわれています。
宇治橋の背景にはお伊勢さんの森がみどり濃く広がっており、
いかにも現世とは違う聖域と言う感じが伝わってきます。

宇治橋を渡ると樹齢数百年にも及ぼうかと言う様な立派な木々が迎えてくれます。
ここまで来ると季節に関係なく伊勢神宮の自然を敬い、自然とともに二千年近く続いて来た厳粛な美しさにいつも心を打たれます。

伊勢神宮、旅行情報でした。
posted by 兜乃宮 at 23:20 | 伊勢神宮 春の行事(3.4.5)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。